Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS009153)

著者
Lyle, Guy R.
和文タイトル
Reflections on Academic Libraries in the United States in the Sixties.(60年代における米国の学術図書館)
英文タイトル
Reflections on Academic Libraries in the United States in the Sixties
掲載号・頁
No.9, p.153-160
発行日
1971-09-01
和文抄録

60年代の学術図書館は,援助の増大と高度成長によって特徴づけられよう。

1963年の高等教育施設法は大学図書館建設ブームを招いた。67年から69年までの3年間に新築・ 増築・改築された大学図書館の数は210館に及び,その費用は4億3千6百万ドルに達した。Harvard の Lamont 図書館が先鞭をつけた学部学生用図書館の分離が,このブームのお陰で数多くの大学で実現を見,高校図書館と研究図書館の懸け橋の役割を演じ,学部における教授法にも変化をもたらした。この建築ブームも,60年代の終りには政府の援助が削減されるにつれ,急激にしぼんでしまった。

1965年の高等教育法による補助金は,学術図書館の図書購入費と蔵書数の急激な増加を招いた。蔵書数は16年間で倍加するといわれていたが,学術図書館全体の蔵書は,1億7千6百万冊から3億2千4百万冊へと,60年代の10年間でほぼ倍増した。補助金の総額は3年間で7千万ドルに及んでいる。

60年代の学術図書館に大きな変革をもたらしたものにコンピュータがある。それは原爆にも等しい威力をもって学術図書館界を席巻した。あるものは,図書館は一夜にしてコンソールとプリンターにとって代られるであろうと信じ,あるものは,自分の失職や無用の長物化を恐れた。過大な期待と恐怖の渦の中で,コンピュータは幾つかの顕著な貢献を示した。MARC 配布サービスや,目録情報,逐次刊行物所在情報の全国的データ・バンクなどがそれであり,また個々の図書館においては,貸出,収書,逐次刊行物管理などの業務にコンピュータが利用され,その処理能率を著るしく高めた。

60年代の後期に,大学は学生騒動の嵐に見舞われ,多くの図書館が直接の被害をこうむった。学生問題対策の一つとして,多くの大学が十分な用意もないままに開館時間を延長し,サービスの質を低下させた。民主化は図書館評議会にあらゆる利用者層の代表を参加させ,ために評議会は巨大化し,その機能を喪失するに至った。

ある人は60年代を“振子の時代”と表現した。図書館に対する財政援助は次第に高まりを見せ,そしてまた衰弱した。とはいえ,60年代に図書館が消費した金額は前年代に比し251.65%の増加を示している。図書館はビッグ・ビジネスと化し,ライブラリー・スクールを卒業しただけでは,もはやその運営の任に堪えられなくなった。60年代はライブラリアンシップの一時代の終焉と,別の時代の始まりを告げたといえよう。

もともと学術図書館は伝統的・保守的な企業であり,30年代から50年代にかけては,さしたる変化は見られなかった。その平穏は60年代の初期まで続いた。しかしながら,60年代の後半は,ある人によれば,建設に始まって混乱に終った。誰しも何が起るかを予想しえず,また予想した事は予定どおりには起らなかった。不遜な反応が許されるならば,それは“忌わしい時代”であった。

(I. A.)

種別
原著論文