Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS059069)

著者
長谷川昭子
和文タイトル
常駐委託による専門図書館の運営の要件
英文タイトル
Full-time Outsourcing in Special Libraries in Japan
掲載号・頁
No.59, p.69-104
発行日
2008-07-15
和文抄録

【目的】 本稿の目的は, 専門図書館における常駐委託の運営の実態を明らかにし, その結果をもとに, 今後, 図書館運営に常駐委託を導入する場合, サービスを維持・向上させるために必要な要件, および委託職員の処遇改善のために必要な要件について考察することである。

【方法】 筆者が2005年に行った「実態調査」において「常駐委託」と回答した65館から, 様々な形態の常駐委託の図書館20館を選び, 承諾を得た9館を対象に聞き取り調査を行った。

【成果】 主な結果は次の通りである。 (1) 常駐委託の運営には, 委託者, 請負者, 委託職員, 親機関の四者が関わっている。 (2) 常駐委託の運営には各館に共通して見られる項目と, 共通して見られない項目がある。 前者の一部と後者は, 常駐委託の運営に必要な要件と考えられる。 (3) 運営には, 委託者が中心になって進めているケースと, 委託職員が中心になって進めているケースの二通りがある。

上記の分析から, それらの要件がなぜ必要か, また, 誰の責任で充足すべきかを検討し, 委託者と請負者の任務を次のように明らかにした。

第一に, サービスの維持・向上の観点からは, 委託者は, 図書館の機能についてビジョンを持ち, 業務委託による運営が円滑に行われるようにリードする責任がある。 委託業務の範囲は選書と企画立案以外にするのが適切で, 作業マニュアルの整備も必要である。 同様に, 請負者は, 図書館業務の理解に努め, 委託職員の教育訓練に積極的に取り組む必要がある。

第二に, 委託職員の処遇改善の観点からは, 委託者は, 請負者 (委託職員) の専門的な技量を選定の対象とし, 適正価格で契約を結ぶことが重要である。 請負者は, 委託者に委託職員の専門的技量をアピールし, 委託職員への評価を処遇に反映させる必要がある。この他, 社会全体の課題として, 請負者の確保するマージン率の規制や均等待遇理念に関して社会の理解を得ることも重要である。

英文抄録

Purpose: This study aims to clarify the management structure of special libraries with full-time outsourcing. Based on these results, it also proposes what is necessary in order to maintain and improve library services and improve the treatment of contract workers.

Methods: Interviews were conducted based on the actual conditions in nine libraries which have full-time contract workers.

Results: Our investigations revealed three trends: (1) The management of the system is shared by the entruster, the contractor, the contract workers, and the host organization. (2) Special libraries operate under two conditions: ones common to almost all the libraries, and others that are unique to some. Some of the former and all of the latter seem to be necessary for the general management of full-time outsourcing. (3) There are two typical forms of management: entruster-centered and contract worker-centered.

We reached the following conclusions. First, in order to maintain and improve the library’s services, the entruster should take a position of leadership in libraries with full-time outsourcing. Reasonable limits should be set on the contents of the work done by contract workers; planning and selection of materials should be excluded from these contents. In addition, the contractor should make every possible effort to understand the library’s operation, and offer professional development opportunities to the contract workers. Second, in order to improve the treatment of the contract workers, entrusters must enter into contracts with the contractors at a fair price, giving careful consideration to the contract workers’ professional abilities. Contractors should offer workers a better salary based on an increase in the contracted rate. And moreover, the general public should restrict the contractors’ permitted profit margins and gain further knowledge of the equal treatment doctrine.

論文本文
本文PDF (1,834K)
種別
原著論文