Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS061059)

著者
倉田敬子三根慎二森岡倫子酒井由紀子加藤信哉上田修一
和文タイトル
電子ジャーナルとオープンアクセス環境下における日本の医学研究者の論文利用および入手行動の特徴
英文タイトル
Reading and Information Seeking Behavior of Japanese Medical Researchers in the Era of the Electronic Journal and Open Access
掲載号・頁
No.61, p.59-90
発行日
2009-06-30
和文抄録

【目的】本論文の目的は,日本の医学研究者において,電子ジャーナルの利用がどこまで進み,それにともない論文の読みの形態,入手経路,検索手段にどのような変化が生じているかを明らかにすることにある。

【方法】日本で医学部,医学研究科を持つ80大学に所属する医学研究者2,033人を抽出し,質問紙調査を実施した。質問項目は,先行研究の分析に基づき,以下のとおりとした。1) フェイスシート,2) 最近読んだ論文の形態,入手経路,検索手段,3) 普段使う検索手段書誌データベース,4) オープンアクセス手段の認知度と利用。

【結果】2007年3月までに回収できた651件を集計した(回収率32.3%)。主な結果は以下のとおりである。1) 最近読んだ論文の7割は電子版論文であった。2) 電子版論文の85%は大学図書館が契約する購読電子ジャーナルであり,印刷版の6割は個人購読雑誌であった。3) 最近読んだ論文の検索手段はPubMedが一般的で,全論文の7割弱,電子版論文の8割以上がPubMedによって検索されていた。PubMedを週1回以上検索する研究者は9割に上った。一方,最近読んだ論文をサーチエンジンで見いだした研究者はほぼ皆無であった。4) オープンアクセスは論文の入手先としては,PubMed Centralが1割利用されていた以外は使われていなかった。5) 年齢による論文利用パターンに違いはなかったが,専門領域(基礎系,臨床内科系,臨床外科系に区分)によっては大きな違いがあった。

英文抄録

Purpose: This paper describes the current state of electronic journal usage among Japanese medical researchers, and discusses the subsequent effect on users’ decision whether to read articles on paper or on screen; from what types of full text source they obtain the articles.

Methods: The names of 2,033 medical researchers affiliated with 80 medical schools in Japan were extracted and the researchers were surveyed. The questionnaire included questions on: 1) demographic features; 2) whether or not the researcher read the paper from print journals or electronic journals, and the search method used to obtain the most recently read articles; 3) the types of methods used to search for articles; 4) awareness and use of “open access” sites.

Results: We received 651 responses (32.3%) between February and March 2007 and analyzed them. The major findings were: 1) 70% of the most recently read articles were electronic journal articles; 2) 80% of the electronic journal articles were provided by academic libraries, while 60% of print journal articles were from private subscription journals; 3) search engines were not used, but PubMed was used primarily to search either print or electronic journal articles; 4) in general, open access methods were not recognized by researchers as one possible route for obtaining the articles although PubMed Central constituted about 10% of the most recently read electronic journal articles; 5) no significant differences relating to article usage patterns were observed among age groups, however, large differences were found among fields of research.

論文本文
本文PDF (1935K)
種別
原著論文