Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS062001)

著者
長谷川豊祐
和文タイトル
日本の大学図書館業務電算化における課題構造の解明 :フォーカス・グループ・インタビューによる調査
英文タイトル
Evaluation of Automating Operations in Academic Libraries in Japan: Survey by Focus Group Interviews
掲載号・頁
No.62, p.1-27
発行日
2009-12-25
和文抄録

【目的】日本の大学図書館における業務電算化システムの導入が 1994 年に 8 割を超え,2002 年には99%の大学図書館が「電算化図書館」となった。現在は,インターネットや電子資料を活用した利用者志向の図書館サービスが多くの大学図書館で提供されるようになり,大学図書館は程度の差こそあれ「電子図書館」となった。本研究は,利用者志向の図書館サービスの展開を支える基盤となっている発注・支払,受入,目録,貸出・返却などの業務電算化の課題構造を図書館員の立場から解明する。

【方法】2 グループ各 6 名の大学図書館員を出席者としたフォーカス・グループ・インタビューを実施した。インタビューでは,図書館業務電算化に関する印象や,図書館業務電算化が図書館に及ぼした影響,および図書館業務電算化の今後の方向など,探索的課題について話し合ってもらった。インタビューによって収集した発言内容を因果対立関係に着目して分析した。【成果】電算化の課題を 10 個にカテゴリー化し,課題の構造を概念図として導いた。電算化における効果と課題として,1) 省力化と機能向上,2) 図書館の力量低下,3) 未完成なパッケージ,の 3 点が明らかになった。

英文抄録

Purpose: Over 80% percent of university libraries in Japan had installed a library automation system by 1994, and 99% percent had become computerized by 2002. Today, many university libraries use the internet and digital resources to provide user-oriented library services, having become electronic libraries to a greater or lesser extent. Library automation systems are the basis for developing user-oriented library services. From the viewpoint of library staff, this paper examines current approaches to library automation issues of book acquisition, book cataloging and circulation.

Methods: Two focus group interviews were conducted with two groups of six university librarians. The librarians discussed issues such as their impressions, effects, and the future of library automation. By focusing on the cause-and-effect relationship and adversary relationship embedded into each utterance expressed during the interviews, the study attempted to identify themes that emerged during the discussions.

Results: Problems of library automation were categorized into ten groups. A conceptual diagram of the framework of the problems was created from the data of the focus group interviews. Regarding the effects and problems of library automation, the study found the following three points: (1) promoting labor-saving and functional advancements, (2) libraries losing their power, and (3) imperfect packages.

論文本文
本文PDF (1272K)
種別
原著論文