Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS062029)

著者
粟村倫久
和文タイトル
Elfreda A. Chatman の研究視点が情報利用研究に持つ意義
英文タイトル
Implications of Elfreda A. Chatman’s Viewpoint for User Studies
掲載号・頁
No.62, p.29-80
発行日
2009-12-25
和文抄録

【目的と方法】本研究の目的は,Elfreda A. Chatman の研究視点が情報利用研究に持つ意義を明らかにすることである。本研究は,理論形成期と理論提示期に分けて,Chatman の研究を理解することを試みる。まず,理論形成期の彼女の研究の論点整理を行う。その理解に基づいて,提示された理論の統合的解釈を行う。そのうえで,彼女の研究視点の展開の方向性を考察する。

【結果】理論形成期の Chatman は,貧困者たちが周囲の対人関係を無制限に利用するのではなく,むしろその関係の維持を常に気にしながら情報探索・利用を行っているという発見に,最終的に到達した。この発見は,情報貧困,そして貧困者の情報探索・利用に対する彼女の視点を,転換に導いた。Chatman は,理論の中で,彼女の新たな情報探索・利用理解を提示した。この理解は,それ以前の「当たり前の,問題のない生活」の維持の一部としての情報探索・利用に情報利用研究とは異なり,焦点を当てる,という独自のものであった。この理解は,相互主観性,そして情報探索・利用と社会の間の相互反映性を扱えるという意味で,情報利用研究に理論的貢献をなした。このことが,彼女の研究視点の一つの意義である。理論以外の Chatman の研究視点の意義として,三つの今後の研究の展開の方向性を導くことができる。一つ目の方向性は,特に組織体の情報探索・利用を扱う形で,分析対象を拡大することである。二つ目の方向性は,知識の維持・利用を描くにとどまった彼女の研究を超えて,知識の作成・修正プロセスを探究することである。三つ目の方向性は,状況と情報探索・利用の相互関係のより詳細な探究である。

英文抄録

Purpose and Method: The purpose of this study was to elucidate the implications of Elfreda A. s s Chatman’viewpoint for user studies. This study tries to understand Chatman’study by dividing it into a Pre-Theoretical Period and a Theoretical Period. First, what she attempted to discuss in the Pre-Theoretical Period is delineated. Based upon this understanding, an integrated interpretation of her theories is provided, then the implications of her viewpoint for the development of user studies are discussed.

Results: At the end of the Pre-Theoretical Period, Chatman made a discovery which indicated that the maintenance of interpersonal relationships was always a primary concern of poor people during information seeking and use (ISU), rather than relying on such relationships without any inhibition. This discovery led her to a new way of looking at information poverty and ISU of the poor, which was developed in the ensuring period. Chatman developed her new understanding of ISU in the Theoretical Period. This distinct understanding, not like past studies, focused on ISU as a part of “taken-for-granted life”This understanding contributed to the advance of user studies maintaining a . because it made it possible to capture intersubjectivity and reflexitivity between ISU and society. This is one of the implications of her viewpoint. Three future research issues can be elicited as implications other than those of Chatman’s theories. The first is to expand the subject of analysis, especially analysis of ISU in organizations. The second is to explore the process of creation and revision of knowledge, beyond merely exploring the use and maintenance of knowledge as Chatman did. The third is to analyze more deeply the interrelationship between ISU and its situation.

論文本文
本文PDF (825K)
種別
原著論文