Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS062167)

著者
伏本佳織上田修一
和文タイトル
映像の分析と視聴者調査からみたテレビニュースの形式と内容の変化
英文タイトル
Change of Style and Contents of TV News from Moving Image Analysis and an Audience Survey
掲載号・頁
No.62, p.167-192
発行日
2009-12-25
和文抄録

【目的】テレビニュースは,ニュースメディアの中で中心的な役割を果たしている。娯楽化とセンセーショナリズムへの移行は,常に批判されている。しかしながら,テレビのニュースの変化について調査がなされていないので,ソフトニュースの上昇率,およびニュースに対する過度の演出効果の導入について検証するために映像の分析と視聴者調査を行った。

【方法】2008 年 6 月に放送された 100 のニュース番組を記録した。これらの番組は,日本の NHK と 5つの放送局の 1,697 のニュース項目からなっている。これらのニュース項目に対して,ニュースカテゴリ,ニュースのテーマ,ニュースのタイプ,キャスター,インタビュー形態,音響効果,映像効果,テロップによってコード化した。また,視聴者のテレビニュースに対する意識を知るために利用者調査(質問紙調査)を行った。

【結果】ニュース項目の分析から,(1) デイリーニュースが過半数を占める,(2) バイオレントニュースは 42.8%,(3) ソフトニュースは 37.2%,(4) メインキャスターとサブキャスターがニュースを読むスタイルが大多数,(5) BGM は 48.5%のニュースで使用されている,(6) テロップがよく使われている,(7) 発話の文字化のためにテロップが使われている,(8) テロップの文字の大きさやフォント,色の変更が頻繁になされている,ことが明らかになった。1997 年に行われた先行調査と比べると,音響効果,映像効果,テロップの使用が増えた。この 10 年間にソフトニュースの割合は減ったが,過剰な演出は増加した。質問紙調査では,回答者は,日常的にテレビニュースをよく視聴し,現在のテレビニュースに満足していると回答した。しかし,自由回答には批判的な意見が多く,テレビニュースに対する潜在的な不満があると考えられる。Library and Information Science No. 62 2009付録 テレビニュースに関する質問紙調査用紙映像の分析と視聴者調査からみたテレビニュースの形式と内容の変化

英文抄録

Purpose: Television news plays a central role in the news media. Although there is a marked tendency to portray news more entertainingly and sensationally which is sometimes criticized, there have been no empirical surveys on the tendency of TV news so far. Therefore, the authors conducted moving image analysis and an audience survey to verify the rate of increase of soft news, and the degree to which excessive decoration is introduced into news.

Methods: One hundred news programs that had been broadcast in June 2008 were recorded. These programs consisted of 1,697 news stories provided by NHK and five broadcasting stations in Japan. The news stories were categorized by news category, theme of news, type of news, newscaster, form of interview, sound effects, moving image effects, and the use of telops. The user survey was conducted to study opinions on TV news from the audience.

Results: From the categorization and analysis of features of news stories, it was found that (1) daily news occupies the majority, (2) violent news accounted for 42.8%, (3) the share of soft news was 37.2%, (4) most news programs used the reporting style in which the main newscaster and a subcaster read news stories, (5) background music was used in 48.5% of news stories, (6) telops were used in many news stories, (7) telops were used to visualize utterances as strings of characters, (8) character size, font, and color of telops were frequently switched. The use of sound effects, moving image effects, and telops has increased compared with the preceding study (1997). Introducing excessive decoration into news has increased whereas the ratio of soft news has decreased in the last ten years. The survey respondents had been watching TV news daily, and were satisfied with it. However, since critical opinions were frequently written in the questionnaire, it is conjectured that viewers are potentially discontent with TV news.

論文本文
本文PDF (1182K)
種別
短報