Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS069001)

著者
糸賀雅児; 榎本裕子; 郭ハナ
和文タイトル
公共図書館における館内閲覧量測定の有効性
英文タイトル
Feasibility of Measuring the In-Library Material Use and Its Applicability to Public Library Management
掲載号・頁
No.69, p.1-17
発行日
2013-06-30
和文抄録

【目的】公共図書館において滞在型利用と立ち寄り型利用という二類型が見られることを背景に,館内閲覧量を測定することの可能性と有効性を明らかにする。また,これをもとにした指標類の図書館経営上の意義を明らかにする。

【方法】公共図書館において調査員が館内を定期的に巡回しすべての利用者を観察する方法と入館者へのアンケート調査法の 2 つを同時に行い,館内閲覧量を時間単位で測定した。先行調査のデータと併せて,サービス方針が異なることの想定される都県立および市区立の 4 図書館を調査対象とし,これらの館で測定したデータを比較分析し,利用形態の差異を検出できるかどうかを検討した。また,図書館経営上のツールとして,実行可能な測定方法についても,シミュレーション・データをもとに検討した。

【結果】調査の分析と考察から,館内閲覧量(時間)という評価指標について,次のように言うことができる。1)各館の指向するサービス形態によって,館内閲覧時間の総量や一人当たりの館内閲覧量(時間)は異なり,調査研究を目的とした利用量を反映させることができる。2)館内での資料利用の実態を測定できることから,公共図書館の経営評価を行い,改善計画を立てるうえで有効なツールになり得る。3)巡回調査を様々な時間間隔でシミュレーションしたところ,1 時間ごとの定期的な巡回により,実行可能性と利用可能性の高いデータの得られることがわかった。4)館内閲覧時間の総量は,館内滞在時間の総量や入館者の総数などの指標と組み合わせることで,より多面的な利用実態の把握を行うことができる。5)館内で図書館資料を利用する「館内閲覧」,資料を借り出して館外で利用する「館外閲覧」,そして最後に図書館に直接来館することなく通信ネットワークを介して利用する「遠隔閲覧」の 3 つの閲覧形態について「時間」を測定単位とした計測は,図書館経営上意義ある視点である。

英文抄録

Purpose: This research aimed to verify the feasibility and usefulness of measuring the amount of in-library use, in the context of two main ways of using public libraries: staying a long time to study and learn, or stopping by just to borrow or return books. The study also aimed to determine the significance of measuring the amount of in-library use for library management.

Methods: Two types of survey were carried out: unobtrusive observation by staff tours of four public libraries, or questionnaires handed out to the users of those libraries on the same day as the observation. The purpose of both surveys was to estimate the whole time of in-library material use. The subjects were two prefectural and two municipal libraries in Japan which had different management and service policies. The analysis compared these two methods and examined the results in detail in terms of reliability and consistency, to validate such differences among public libraries.

Results: Quantitative measurement of in-library material use is applicable to various management and research situations as follows: 1) The whole in-library materials use time varies greatly, and the time per visitor varies according to the libraries’ management and service policies. Therefore, these measures are able to reflect the quantity of materials used by library users visiting for selfstudy and/or self-learning. 2) These measures are a useful set of management tools because they reveal actual use by all library visitors. 3) Simulated observation by various time intervals shows that observation every hour is sufficient to estimate the whole in-library use time. This finding implies the feasibility and availability of using these measures. 4) These measures can be used to identify various aspects of public library use by utilizing other measures, particularly in-library stay time and the number of library visitors. 5) The feasibility and applicability of these measurements suggest that the whole use time of library material should be captured in terms of in-library use, out of library use via lending service, and remote library use via telecommunication networks.

論文本文
本文PDF (1018K)
種別
原著論文