Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS069047)

著者
緑川信之
和文タイトル
ランガナータンにおけるファセット概念の展開
英文タイトル
Development of the Concept of Facet in Ranganathan's Writings
掲載号・頁
No.69, p.47-81
発行日
2013-06-30
和文抄録

【目的】本研究では,Ranganathan の著作におけるファセット概念の変遷を検討した。

【方法】Ranganathan の著作を発表年順に逐次的に分析した。

【結果】Ranganathan の「ファセット」に関わる著作は3 期に分けられることがわかった。第1 期はファセットおよびファセット式の概念が確立されていく過程である。Colon Classification(CC)は,(1)複数の独立の要素から成る記号を採用している,(2)各要素がファセットを構成している,という二つの特徴をもつことが明らかにされた。第2期は基本カテゴリーの考えが変遷していく過程である。初期の頃は,基本カテゴリーには,初心者がファセット分析を行う際の手引きのような役割を想定していた。詳細かつ複合的な主題に対応する必要性が高まり,多数のファセットを少数の基本カテゴリーから体現させるという新しい役割が与えられた。しかし,基本カテゴリーの活用は分類作業の一貫性が保てなくなるという新たな問題を生じさせた。この問題に対して,第3 期にRanganathanは公準と原理を用いるという解決策を提示している。この時期には,ファセット化分類法と分析合成型分類法との関係や,既存の分類法におけるCC の位置づけを明らかにする試みも行われたが,どちらも著作によって考えが変化している。これは,CC の二つの特徴(1)(2),および,(3)ファセット分析と記号の合成ができる,という三つの観点をRanganathan が明確に区別できていなかったことに原因がある。

英文抄録

Purpose: This study discusses the development of the concept of facet in Ranganathan’s writings.

Method: Each writing of Ranganathan was chronologically investigated.

Results: The writings of Ranganathan on‘ facet’ can be divided into three phases. In the first phase, the concept of facet and the facet formula were established. The Colon Classification(CC) has two characteristics :(1) it adopts a notation consisting of plural independent elements, and(2) each element constitutes a facet. In the second phase, the concept of the fundamental category was modified. In the past, it was assumed that the fundamental category serves as a guide that a classifier uses in facet analysis. As the need to deal with detailed and complex subjects gradually increased, a new role was assigned to the fundamental category so that it could manifest a large number of facets. However, the use of the fundamental category also resulted in a new problem: consistency in classification practice could not be maintained. In the third phase, Ranganathan proposed a solution to this problem by using postulates and principles. In this phase, he also attempted to clarify the relationship between faceted classification and analytico-synthetic classification and the position of the CC in existing classifications. However, he changed his idea in each writing. This is because Ranganathan was not able to clearly distinguish among three points of view: the two characteristics(1) and(2) of CC and(3) classification enables facet analysis and synthesis of notations.

論文本文
本文PDF (498K)
種別
原著論文