Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS076033)

著者
上岡真紀子
和文タイトル
米国におけるビブリオグラフィックインストラクションムーブメントの展開:情報リテラシームーブメントの前史として
英文タイトル
The Development of the Bibliographic Instruction Movement in the United States: A Prehistory of the Information Literacy Movement
掲載号・頁
No.76, p.33-53
発行日
2016-12-30
和文抄録

【目的】本稿の目的は,米国におけるビブリオグラフィックインストラクションムーブメントの成果と課題を,情報リテラシームーブメントの視点から検証することである。【方法】ビブリオグラフィックインストラクションが開始された1960年代から,情報リテラシーが登場した1980年代までのビブリオグラフィックインストラクションムーブメントの展開を,当時の高等教育の状況を参照して検証する。【結果】ビブリオグラフィックインストラクションムーブメントは,図書館員の専門性の中に新たに「教育」の領域を確立してきた。取り組みにおいては,一貫してビブリオグラフィックインストラクションのカリキュラムへの統合が目指され,それらはある程度実現してきた。しかし,当時,学部課程教育と一般教育の改革に取り組んでいた高等教育が求めていたのは,既存のカリキュラムの中で図書館教育を展開することでなく,図書館を使った学びを通じて既存のカリキュラムを変え,新しい学習のあり方を示すことであった。したがって,ビブリオグラフィックインストラクションが高等教育に統合されるためには,図書館教育のカリキュラムへの統合を目指すという,あくまでも図書館の視点に基づいた取り組みを行うのでなく,高等教育や大学と目的を共有し,その視点から見て,高等教育と大学の使命や目的の達成のために,ビブリオグラフィックインストラクションに何ができるかを示していくという発想の転換が必要であった。しかし,この発想の転換はビブリオグラフィックインストラクションムーブメントの中から生じることはなかった。

英文抄録

Purpose: This paper examines the achievements and problems of the bibliographic instruction movement in terms of the information literacy movement.Methods: With reference to the state of higher education at the time, this paper examines the bibliographic instruction movement in the 1960s and the move toward information literacy in the 1980s.Results: The bibliographic instruction movement has come to incorporate a new specialty in librarianship, which involves librarians in education to some extent. The aim was to integrate bibliographic instruction or library instruction into the college curriculum. However, those involved in the reform of both undergraduate programs including general education expected that librarians would not only provide library instruction as part of the curriculum, but also help to transform the existing curriculum and demonstrate students' learning by using the library. Hence, in order for bibliographic instruction to be fully integrated into higher education, it was necessary for those involved in the bibliographic instruction movement to share the goals of the university as well as to redefine its own practices. That is to say, the bibliographic instruction movement needed a philosophical shift. However, while the shift was inevitable, this did not happen from within the bibliographic instruction movement itself.

種別
原著論文