Library and Information Science Society Home → English page

三田図書館・情報学会誌論文(論文ID LIS078111)

著者
新見槙子
和文タイトル
大学図書館が実施する「学士課程学生による研究」に対する支援の実態と特徴:北米の研究大学図書館を対象とする質問紙調査とインタビュー調査から
英文タイトル
Actual Conditions and Characteristics of Academic Library Services for Undergraduate Research: A Survey and Interviews of Research Libraries in American and Canadian Universities
掲載号・頁
No.78, p.111-135
発行日
2017-12-30
和文抄録

【目的】本研究の目的は,北米の大学図書館が実施する「学士課程学生による研究」に対する支援の実態とその特徴を明らかにすることである。【方法】質問紙調査とインタビュー調査を実施した。質問紙調査の対象は,アメリカとカナダの研究大学図書館133館とした。調査対象館の図書館員に対してメールを送付し,ウェブフォーム形式の質問紙への回答を依頼した。調査依頼と質問紙の回収は,2014年10月から12月と2015年3月に行った。インタビュー調査は,質問紙調査の回答館のなかで協力を得られた6館に対して,2015年3月から5月にかけて実施した。訪問によるインタビューは2館,メールによるインタビューは4館で実施した。【結果】質問紙調査の対象133館のうち,30館より回答があった。「学士課程学生による研究を促進する授業に対する支援」は全ての回答館,「オナーズ・プログラムまたはオナーズ学生に対する支援」は28館,「学士課程学生研究プログラムに対する支援」は19館,「学士課程学生による研究成果の発表会への関与」は16館,「学士課程学生の研究論文誌への関与」は9館,「図書館資源を活用した学士課程学生による研究成果の表彰制度の設置」は14館で実施されていた。サービスの中心的な担い手は,人的支援サービスを担当する図書館員やサブジェクトライブラリアン,学士課程学生に対するサービスを担当する図書館員であった。サービスを実施する際には,教員との協働が行われることが多く,「学士課程学生による研究」やオナーズ・プログラム等を管轄する他部署との協働が行われている場合もあった。そして,インタビュー調査の結果より,「学士課程学生による研究」の促進が大学全体において重要事項の1つとして扱われていること,それを意識して大学図書館でも「学士課程学生による研究」に対する支援を重要なものとして認識していることが分かった。

英文抄録

Purpose: This paper examines the actual conditions and characteristics of academic library services for undergraduate research in the United States and Canada.Methods: A questionnaire survey was conducted on 133 research university libraries that were selected as research objects. Invitations to participate in a web-based questionnaire survey were sent to the librarians of these institutions by e-mail. The duration of the survey period was October–December 2014, and the month of March in 2015. The interviews were conducted with six libraries. The e-mail interviews were conducted with four libraries in March and April 2015. The face-to-face interviews were conducted with two libraries in May 2015.Results: The total number of libraries that responded to the questionnaire was 30. The numbers of libraries offering each type of service are as follows: 30 libraries support courses that promote undergraduate research, 28 libraries support honors programs or honors students, 19 libraries support the undergraduate research opportunities program, 16 libraries are involved in the undergraduate research symposium, 9 libraries publish or support the publication of undergraduate research journals, and 14 libraries offer library research awards to undergraduate students. Many libraries collaborate with faculty, and several libraries collaborate with other units, such as the undergraduate research office and the honors program office. The results of the interviews clarified that promoting undergraduate research is considered one of the principal goals in universities, and that libraries recognized support for undergraduate research as an important service that is based on the university's policy.

種別
原著論文